敗戦という事実を受け入れられない有力政治家は歴史の修正に汲々とし、ヘイトスピーチに象徴される排外主義が社会全体を覆っている。自慰史観による過去の否定は各国からの不信を招き、3・11がもたらした衝撃と不安は、多くの人々を思考停止の状態に追い込んでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1059文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年9月22日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。