41~44ページで紹介したように、優れた技術が日本には数多くある。これらがつながれば、どのような新しいサービスが生まれるのか。例えば大規模地震で被災した構造物へ、緊急調査のため「這い回る」ロボットを派遣する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1409文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 世界を変えるスマロボ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。