昨年末、グーグルが8社のロボットベンチャーを買収したというニュースが世界中を駆け巡った。買収した企業の中には、2足歩行ロボットを手掛ける東京大学発のベンチャー、シャフトも含まれる。「日本で育てたロボット技術が米国に奪われるとは」と日本中を驚かせたことは記憶に新しい。