「復讐代行屋」を営む鷹場英一は誰よりもカネに執着し、卑しく狡猾、姑息で「溝鼠」の異名を持つ。尊敬してやまぬ父・源治を殺した英一を憎み、命を狙うのが異母弟の赤迫慎吾。慎吾は英一の名をかたって関東最大手の指定暴力団会長の娘を陵辱。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1040文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年9月15日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。