「復讐代行屋」を営む鷹場英一は誰よりもカネに執着し、卑しく狡猾、姑息で「溝鼠」の異名を持つ。尊敬してやまぬ父・源治を殺した英一を憎み、命を狙うのが異母弟の赤迫慎吾。慎吾は英一の名をかたって関東最大手の指定暴力団会長の娘を陵辱。