最終回に登壇するのは、自らの感性を信じ「花屋」を革新した経営者。年4カ月は出社しない。パソコンも使わず「感じる」力を研ぎ澄ます。従業員を分身と位置付け、自身の感性の共有を徹底する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4842文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題