2008年のリーマンショック後に業績が低迷し、痛みを伴うリストラを断行した。市場が成熟する主力の複写機はサービスとのセット売りへとビジネスモデルの転換を急ぐ。遠隔医療や車載向け機器など新規事業を強化し、突破口を探る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4536文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。