クリミア及びウクライナを巡る危機で、強気一辺倒の姿勢を貫いてきたロシアのプーチン大統領。だが欧州の歴史をつぶさに見てきたスキデルスキー氏は、プーチン氏の権力はピークを越えつつあると見る。あまりにも西側の信用を失い、制裁の強化を受け、ロシア国内での支持率維持は難しいと指摘する。