ケンコーコムが8月27日、「後藤玄利社長が10月下旬に辞任する」と発表した。創立20周年を間近に控え、医薬品ネット販売解禁に道筋をつけたばかりの辞任劇。周辺からは、背景に楽天との関係があるのではないかとの声が上がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1389文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年9月8日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。