30年前、東京を見限って地元に帰った者として興味深く読んだ。現在は妻と2人の子供に恵まれ、週末は家庭菜園で汗を流す毎日を過ごしている。年賀状をやり取りする大学時代の友人の3人に1人は独身のまま。子育てはおろか、結婚の意欲までも失わせる街には恐怖感すら感じる。