人の「脳」の反応をリアルタイムで測定し、結果を製品の評価や開発に生かす。「ニューロマーケティング」と呼ばれるこうした手法が、日本企業の間で広がり始めた。ヒット商品がなかなか出ないと言われる中、閉塞を打ち破る切り札になり得るか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4738文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。