人の「脳」の反応をリアルタイムで測定し、結果を製品の評価や開発に生かす。「ニューロマーケティング」と呼ばれるこうした手法が、日本企業の間で広がり始めた。ヒット商品がなかなか出ないと言われる中、閉塞を打ち破る切り札になり得るか。