何か革新的な技術や手法に対して、日本企業にはえてして過小評価する傾向が見られます。それが自ら「世界最先端だ」と信じて開発してきたものの価値を崩すような場合はなおさらです。