3Dプリンターには従来のモノ作りの限界を突破し、製品の競争軸を転換させる力がある。消費者の嗜好(Preference)、性能(Performance)、個別化(Personalization)という3つの「P」に応える、画期的なツールになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6937文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 号砲!3D生産競争」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。