3Dプリンターには従来のモノ作りの限界を突破し、製品の競争軸を転換させる力がある。消費者の嗜好(Preference)、性能(Performance)、個別化(Personalization)という3つの「P」に応える、画期的なツールになる。