東京ガスの水素ステーション(充填所)建設計画が頓挫していることが明らかになった。地域への説明不足が原因だが、「水素爆発」という言葉への不安が広がった問題もある。社会の理解を得られなければ、新たな産業の芽が摘まれかねない。