キヤノンが産業ロボット用の3次元画像認識ソフトの販売を始めた。安定した収益確保が期待できるBtoB事業の強化に力を入れる。「虎の子」の技術も飯のタネにする戦略の裏には強い危機感がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1360文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題