キヤノンが産業ロボット用の3次元画像認識ソフトの販売を始めた。安定した収益確保が期待できるBtoB事業の強化に力を入れる。「虎の子」の技術も飯のタネにする戦略の裏には強い危機感がある。