システム開発のアイレックスは有価証券報告書に虚偽記載したとして課徴金納付の命令を受けた。第三者委員会を設けて原因究明に当たったが、1回では全容をつかめず、2回も設置することになった。前社長の売り上げ至上主義により、5年にわたって偽装記載があったことが判明した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2881文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。