東京大学が打ち出した秋入学の構想を、私の立場から全力で応援している。この構想は昨年、残念ながら頓挫してしまったが、日本の大学の国際化を推進するためのみならず、制度疲労を起こし閉塞感がある現状を打破するためにもぜひ実現してほしいと考えている。