今回のサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会は、前回の南アフリカ大会からさらに進化したゲームを見ることができた。 前回王者のスペイン、欧州予選をグループトップで突破したイタリアやイングランドといった古豪チームが1次リーグで敗退。自国開催で優勝を目指すブラジルが準決勝で、ドイツのパス回しになすすべもなく1─7で大敗するなど、誰もが予想しなかったドラマもあった。