今回のサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会は、前回の南アフリカ大会からさらに進化したゲームを見ることができた。 前回王者のスペイン、欧州予選をグループトップで突破したイタリアやイングランドといった古豪チームが1次リーグで敗退。自国開催で優勝を目指すブラジルが準決勝で、ドイツのパス回しになすすべもなく1─7で大敗するなど、誰もが予想しなかったドラマもあった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1573文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。