「どんなに作業量が多くて大変でも、売り上げが見込めない時間帯はワンオペにせざるを得ない」。牛丼チェーン「すき家」のある店舗で、店員のシフトを組む担当者はこう明かす。すき家では人員配置を考える際に、担当者は「労時」という労務管理の指標を使う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1496文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題