外食産業で時給を1500円に設定してもアルバイトが集まらず、閉店を余儀なくされるなど、人材不足が各方面で表面化している。シンクタンクのリクルートワークス研究所が先ごろ実施した調査でも、その実態が浮き彫りになった。今年4~6月の採用活動で、正社員やパートタイマー、アルバイトを十分に確保できなかった企業の割合は、3社に1社に達した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1377文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題