ロシアのプーチン大統領が将来的に狙うのは、EUに相当する「ユーラシア連合」の構築のようだ。EUと同様、関税同盟から始め、経済、通貨、そして政治的統合へと進む構想だ。欧米による現在の制裁は、ロシアをこうした東側の統合構想に追いやるだけかもしれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3128文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年8月25日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。