国内の自動車販売台数は回復、消費増税による落ち込みは想定内と言われる。だが、売れているのは装備が少ない、グレードが低いなどの安いクルマばかり。来年10月に再び予定される消費税率アップが市場の変質をさらに加速させそうだ。