ローソンがシネマコンプレックス大手の買収を決めた。新浪剛史氏から経営を引き継いだ、玉塚元一社長の“第一手”。そこには、既存のコンビニ像を脱しようとする意志がにじむ。