今年度第1四半期(4~6月)の生鮮鶏肉輸入量は、前年同期比で2割程度増加した。これは、前年より在庫が少ないことに加え、高値で推移している牛肉・豚肉からの代替需要も一因と見られている。