4~6月期の日本の成長率が7%前後の大幅なマイナスになるという見方が広がってきた。景気分析の専門家は、「想定」を超える悪化が10%への消費増税の判断に影響を及ぼしかねないと指摘する。