新聞各紙の伝えるところによれば、大阪府警の全65署が過去5年間の街頭犯罪などの認知件数約8万1000件を計上せず、過少報告していたことが判明した。これを受けて府警では、幹部を含む280人の処分を決めたのだそうだ。