今年4月、楽天の三木谷浩史・会長兼社長は大阪、名古屋、福岡など全国9カ所の拠点を回る「タウンミーティング」を開始した。目的は現場の社員たちと胸襟を開いて話し合うこと。現場は何に悩んでいるのか、そして経営陣は何を修正しなければならないのか。全国を回り、若手社員と積極的に意見を交わした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1665文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 eコマース大乱戦」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。