ビジネスマンとして経験できることはほとんどしたかもしれない──。50歳で日本IBM副社長になった時、不遜にもそう思いました。ただ、よくよく考えると、一つ経験してこなかったことがあったのです。