政府が100%出資する日本政策投資銀行(DBJ)が転機を迎えている。株式会社化から6年。政府は来年3月までに将来の完全民営化に向けたあり方を再検討する。企業金融から地域経済の再生までを引き受けてきた「官営救難所」はどこに向かうのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5366文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。