地方から人、モノ、企業をかき集め、高度成長を果たした首都・東京。だが、行き過ぎた一極集中が地方の活力を奪い、首都の肥大化を招いた。崩れた成長モデルの跡地には、いびつな人口構成に伴う弊害だけが残る。