マレーシア航空の撃墜事故を受け、世界の航空業界が揺れている。航空各社が頭を抱えるのは、紛争地区付近の飛行ルートの選び方だ。リスク回避かコスト優先か。世界の航空各社がその姿勢を問われている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1293文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年8月4日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。