この国には基本的な問題が2つある。一つが、東京への一極集中だ。企業や若者が地方から東京へ流出し続けた結果、地方の産業、特に1次産業が衰退した。一方で、東京では晩婚化、少子化が加速してしまった。もう一つの問題が、20年近いデフレ経済でモノ作り企業が日本の競争力に自信を失い、投資先が海外に偏ってしまっていたことだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1585文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。