非常に示唆に富んだ内容だった。「会議で出た意見を取り入れて、折衷案のような無難な商品が出来上がります」という鈴木喬氏の指摘は、カルロス・ゴーン氏を招聘する前の日産自動車が言われていたことと同じである。ゴーン氏は「コストカッター」と呼ばれたが、開発体制も大きく見直し、その貢献がとても大きかった。