一時は倒産を覚悟した瀕死の経営危機から1年余り。組織を蝕む「けったいな文化」と闘ってきた。積年の同族経営が残した負の遺産に別れを告げ、新たな挑戦に向かう。