民主党政権下の日本で経営者は、企業を取り巻く事業環境を「六重苦」と表現していました。「円高」「高い法人実効税率」「自由貿易協定への対応の遅れ」「労働規制」「環境規制の強化」、そして「電力不足と高い電気料金」です。