STAP細胞はあるのか、ないのか。7月、2台のビデオカメラが監視する理化学研究所CDB(発生・再生科学総合研究センター)の実験室で、小保方晴子が参加する検証実験の準備が整った。