電気の缶詰──。1970年代当時、アルミはこう呼ばれていました。製錬により1トン作るのに必要な電力量は1万5000キロワット時。新幹線なら東京~名古屋を往復できます。鉄より軽いアルミには次世代の新しい材料として大きな期待が集まっていたため、我々も含め、各社が国内生産体制を急ピッチで整えていた頃でした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1001文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 電力暴騰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。