「節電協力をお願いします」。7月1日の朝、大阪や京都など18カ所の駅前には、節電を呼びかけビラ配りをする関西電力社員の姿があった。ビラには「予備率は電力の供給に最低限必要とされる3%を辛うじて確保できる見通し」「発電所のトラブルなど不測の事態により電力供給が逼迫することも考えられます」などの文言。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り847文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 電力暴騰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。