1950年代から海外に進出し、今や40以上の国・地域に展開する。23年間の米国駐在で小池利和社長は南米の経済危機も経験した。海外でビジネスを進める上で大切なのは、語学力より人間力という。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5315文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題