ウクライナを巡る欧米とロシアの対立は最悪の展開を迎えた。7月17日、298人の搭乗者全員の死亡を招いたマレーシア航空機撃墜事件。原因について欧米・ウクライナ陣営とロシアの非難合戦は激しさを増すばかり。解決の糸口は見えない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2064文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年7月28日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。