バーゲン開始時期が分散し、三越伊勢丹以外の大手は苦戦を強いられている。ただ、各社とも値引き品の販売が伸び悩む一方で、正価品は前年よりも好調だ。新たな消費の変わり目を成長につなげられるか。各社の実力が問われている。