バーゲン開始時期が分散し、三越伊勢丹以外の大手は苦戦を強いられている。ただ、各社とも値引き品の販売が伸び悩む一方で、正価品は前年よりも好調だ。新たな消費の変わり目を成長につなげられるか。各社の実力が問われている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1349文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年7月28日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。