ある世論調査によれば、日本人の8割が老後に不安を抱えているという。高度成長が終わった今、経済的に豊かな老後を望むことは難しい。人生の終幕をハッピーエンドにするためにも、価値観を「豊かさ」から「幸せ」に切り替えるべき時が来た、と著者は説く。