今夏の土用の丑の日は7月29日。ウナギの需要もピークを迎える。土用の丑の日にウナギを食べる習慣の由来には諸説あるが、江戸時代に博物学者の平賀源内が夏バテ防止にウナギを食べることを推奨したのは有名な話。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2330文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年7月28日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。