日本企業のROEの低さは、外国人投資家にとって不満の種である。対外的にその向上をうたう経営者も、社内では異なる経営指標を掲げていた。改革が国内外で叫ばれている今、もはや「二枚舌経営」は許されない。