米中の主要閣僚が7月9~10日、北京で「戦略・経済対話」を開き、外交・経済の懸案を話し合った。東・南シナ海問題をはじめ、意見の相違が目立った。その成果について、気鋭の中国ウオッチャーに聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1401文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題