「日本企業を活性化するためには、若手をもっと抜擢すべし。仕事の成果に応じて地位と報酬を与える成果主義をもっと徹底せねばならない」──。もっともらしく聞こえるこの言葉。本当にそうなのだろうか。