4人の誤認逮捕者を出したパソコン遠隔操作事件。インターネットを駆使する片山祐輔被告に、警察も検察も翻弄された。公判中、一転して罪を認めた被告。裏切られた立場の主任弁護人が今の思いを語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3023文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。