バブル崩壊から約20年、日本経済が低迷した背景には政策当局者の度重なる過誤があった。中日新聞元論説委員がその歴史を総括する。