真言宗室生寺派の大本山・室生寺(奈良県宇陀市)は、奈良盆地の東、三重県境に近い室生山の山麓から中腹にかけて堂塔が点在する山岳寺院です。高野山(和歌山県高野町)が「女人禁制」だったのに対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」と親しまれ、平安時代前期の美しい木造の建築や仏像を今に伝えることでも知られています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1322文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年7月21日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。