真言宗室生寺派の大本山・室生寺(奈良県宇陀市)は、奈良盆地の東、三重県境に近い室生山の山麓から中腹にかけて堂塔が点在する山岳寺院です。高野山(和歌山県高野町)が「女人禁制」だったのに対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」と親しまれ、平安時代前期の美しい木造の建築や仏像を今に伝えることでも知られています。