個人の行動や発言の軌跡が、インターネットに蓄積されていく。この「残像」は、相続できる所有物か。家族に対しても秘匿されるべきものか。国家はこれを覗けるのか。その難しい判断は今、企業に委ねられている。