兵庫県の野々村竜太郎県議に関する話題を、この数日、メディアは「号泣議員」というタグを付けた形で処理しはじめている。